スキー

【コブ斜面の滑り方】コブが滑れないのは切り替えがおそいから!

2020年1月13日

コブ斜面 滑り方

こんにちは、オニキです。

今回は、スキーでのコブ斜面の滑り方というテーマでお話しします。

整地でのショートターンがある程度できる人を対象にしています。

整地ではそこそこショートターンで滑れるけど、コブに入ると2~3ターンで破綻する、という人には何かの参考になるかもという内容です。

 

コブ斜面は切り替えが超重要!コブのラインは待ってはくれない!!

コブ斜面を滑りきるには、コブのラインから外れないことがポイント。

それで、コブのラインから外れないために絶対に必要なのが切り替えです。

つまりコブがうまく滑れない原因は、切り替えがおそいから。

もちろんそれだけではないですが、大きな原因の一つが切り替えがおそいことです。

 

ここで言ってる切り替えとは、

スキー板と、腰の左右の入れ替えのことです。

コブ斜面切り替え

コブ斜面 切り替え

上の画像ではスキー板と腰の位置が左右入れ替わってますよね。これが切り替えです。

※ホントはコブ斜面ではもっと低い姿勢で切り替えます。

コブで切り替えがおそいとどうなる?

具体的には、切り替えなきゃいけないポイントを過ぎても、切り替わらずまだ前のターンのポジションのまま次のミゾに入ってしまう。

無理やりスキーの向きを変えても、すぐにまた切り替えポイントが来ます。当然そこでも切り替えれず、バッタバタで2~3ターンできたところでコースアウト…

こんな感じじゃないでしょうか?

 

整地ならある程度はルーズな切り替えでもOKですが、コブではラインに合わない切り替えはNGです。

 

整地とコブ斜面の違い

整地でのショートターンは、ある程度自分のタイミング、リズム滑ることができます。

なんならミスったりしてリズムがくるっても、そこから先もしれっと問題なくショートターンが刻めます。

 

しかし、コブではそういうわけにはいきません。

コブのラインはスキーヤーを待ってはくれません。

もうラインはできています。つまり切り替えるポイントも決まっています。

そのポイントを過ぎても切り替えが終わってないということは、そのラインには合わない滑りということになります。

コブのラインは、もともと整地だったところを誰かが滑った滑走ラインなんですよ。

だからそのラインを同じようにたどるのが一番滑りやすいはずです。

そのラインをたどるためには、そのラインをつけた人と同じタイミングで切り替えなけれはいいけません。

じゃないと、どんどん遅れていってしまいラインから外れてしまいます。

コブはターンするポイントを決められたショートターンとも言えますね。

 

なぜ切り替えが遅れる?原因を探る

  • 技術が不十分
  • 最初の1ターン目から遅れている
  • 恐怖心

技術的な要因

コブ斜面をただ降りてくるだけなら、斜度にもよりますがシュテムターンとかを使えばなんとかなります。

でも、ある程度コブのラインに合わせて滑るなら、整地で足をピタッとそろえて早いリズムでショートターンができるくらいじゃないとコブでは難しいと思います。

 

最初から遅いパターン

最初のターンから切り替えのタイミングが遅いので、そのあとのターンがずーっと遅れていくパターンです。

結局は、一度切り替えのタイミングが遅れると、うまくリカバリーできずに最後まで遅れっぱなしになることが多いです。

 

恐怖心

まぁ慣れないうちは怖いですよね。

最初は怖いと感じない程度のコブ斜面で練習するのがいいですね。

 

コブで有効な切り替えのトレーニング

コブでの切り替えは、とにかく素早く切り替える。

そうすることで、次のターンの早いタイミングで雪面をとらえることが可能になります。

つまり早いタイミングで次のターンが始まるので、その次の切り替えにも早めに対応できます。

そこで素早く切り替えるための整地での練習方法を紹介します。

  • 小人ターン
  • 内脚ターン

小人ターン

ストックを半分ぐらいに短く持って、めっちゃ低い姿勢でショートターンします。

なんならしゃがみ込むくらい腰を落としてもいいですね。そうなるとスキーのテール側に乗っかるポジションですがそれでOKです。

ショートターンで弧をえがくといというよりも、スキーと重心を左右に入れ替えながら滑るつもりでやると切り替えの感じがつかめると思います。

とにかく左右に切り替える練習です。

 

内脚ターン

本来使うはずの外脚をもちあげたまま、内脚1本でターンします。

山側の脚は持ち上げて、谷脚1本で斜滑降。

そのまま1本の脚でターンする。

なるべく小さい弧で、クルンとまわる。

反対方向も同じ要領で繰り返す。

この練習では、切り替え時に谷スキーよりもさらに谷側へ重心をもっていかないとターンが始まりません。

そうすることで、谷方向へ体を落としていく感覚が身につきます。

慣れてきたら、ショートターンのリズムでトライ。

整地でできるようになったら、優しめのコブラインでもやってみるといいと思います。

 

まとめ

コブが苦手な人は、滑ってるそのラインを外れると、もう訳がわからなくなります。

コブを上手に滑るポイントは、ラインを外さないこと。

そのためには、切り替えが超大事ですよ、という話でした。

 

最後に一言

ムリしないで楽しいと思えるコブで練習しよう

ということで、今回は以上になります。

 

>参考:【コブ斜面はどこ滑る?】コブがどうやってできるかわかったら滑りやすくなる

コブ斜面
【コブ斜面はどこ滑る?】コブがどうやってできるかわかったら滑りやすくなる

続きを見る

 

Copyright© オニブロ.net , 2021 All Rights Reserved.