スキー

【マジで最強】スキー初心者が最速でゲレンデを滑る方法【子供OK】

2019年12月26日

スキー初心者 おすすめ

今回は、スキー初心者の人が最速でリフトに乗って滑れる方法をお話しします。

 

スキーはリフトやゴンドラに乗って上まで行って、滑って降りてくるスポーツです。

ですが、まったくの初心者の人がいきなりリフトに乗るのは危険です。

止まれずにどこかに突っ込んだり、ほかの人に衝突したりといったことも考えられます。

 

その昔は根性論全開で、とにかく滑って降りてこい!なんて話もありましたが、そうも言ってられません・・

やっぱり、最低限のスピードコントロールと安全に停止ができるくらいまでは、練習してからリフトに乗ったほうがいいです。

 

そこで、超絶便利なアイテムがあるので紹介します。

 

初心者が最速で滑れるようになる秘密兵器「トライスキー」

スキー初心者おすすめ

トライスキーとは、スキー板の先端に取り付けて、強制的に「ハの字」のスタンスを作るアイテムです。

 

スキーにおいてハの字のスタンスは基本中の基本です。

初心者のうちは、スピードをコントロールしたり、止まったり、左右にターンしたりと、常にハの字の状態で滑ります。

 

そんな時に、このトライスキーが本気で便利です。

使い方は簡単で、上の画像のように左右のスキー板の先端に取り付けることで、スキーのトップが開いたり交差したりすることがなくなります。

この状態で足を開いていけば、ハの字のスタンスになります。

 

初心者が一番最初に身につける技術がハの字のスタンスです。

しかしですね、初心者の人にはコレが難しいんですよ。

 

スキー板のテール(後ろ側)を押し開くだけですが、いざやってみたらトップが開いたり、トップが交差したりでかなり苦戦します。

頭ではわかってても、なかなかうまくいきません・・・

 

でもトライスキーを使うことで、自力ではやりにくかったスピードのコントロールや停止が、かなりの確率でできるようになります。

 

 トライスキーがおすすめの理由

  • 初心者でも早い段階でリフトを使って楽しく滑ることができる。
  • リフトを使うと長い距離滑れるので、練習するにしても効率が良い

はじめてスキーをするときは、まずはリフトには乗らずにゲレンデの隅っこで「斜面を歩いて登って、ちょっと滑る」ていう感じの練習を繰り返すかと思います。

そこで、ハの字で滑って止まれるようになって、はじめてリフトで上に行く感じじゃないでしょうか。

 

これこそが、運命の分かれ道!

ここでスキーが楽しいか、楽しくないかが決まるといっても過言ではないです。

スキー板を担ぐにしても、付けたままにしても、斜面を登るのは初心者にとってはなかなかハードです。

 

なので、なるべく早くリフトに乗せてあげたいところです。そのほうが楽に長い距離を滑れるし、効率よく練習できるからです。

 

その手っ取り早い方法が「トライスキー」ということです。

 

 

スキースクールでも初心者レッスンで使っている

トライスキーは、スキースクールでも使っています。

特に子供のレッスンでは大活躍で、トライスキーのおかげでスキー初日からリフトに乗って滑ってくる子もたくさんいます。

 

それに子供は、頭で考えるよりも体で覚えたほうが早いです。

ハッキリ言って初心者の子供相手では、スキースクールのインストラクターもトライスキーには勝てません(^O^)/

 

トライスキー使用時の注意点

  • リフトに乗るときは装着したままだと歩きにくい
  • トライスキーを使うと必ず滑れるわけじゃありません

トライスキーは、真ん中のジョイント部分で切り離せます。

リフトの乗り降りの時は切り離しておかないと進みにくいです。

 

一応言っておくと、トライスキーを付けていれば必ず滑れるわけではありません。

でも、自力で滑るより確実に滑りやすいと思います。スピードのコントロールができるだけでも「暴走して転ぶ」という不安がなくなるので、子供にとってはそれだけでもかなり安心だと思います。

 

まとめ

今回は、スキー初心者におすすめのアイテム「トライスキー」を紹介しました。

初心者が最速でリフトに乗るには、トライスキーが最強だと思います。

子供を初めてスキーに連れて行くという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

Copyright© オニブロ.net , 2021 All Rights Reserved.