DIY

【家庭菜園のプランターに猫のフン】超簡単!一番効果があった対策法がコレ【予算100円】

2018年8月6日

プランターに猫のフン

このページでは、家庭菜園のプランターに猫?がフンをしていく被害に悩まされた私が、一番効果があったと思う対策についてご紹介しています。

 

猫に限らず、犬や他の動物のフンの被害ってホント困りますよね~。

そのまま放置するわけにもいかないので大変です。

猫もいつ来るかもわかりませんし、どこかの飼い猫なのかノラ猫なのかもわからないので見つけても注意できません…

そんな猫のフン被害ですが、意外なモノで超簡単に効果がありました。

同じような被害にあわれている方は、ぜひ参考にしてください。

 

コスパ抜群!どこででも手に入るコレがプランターの猫フン対策に使える

割りばしです。

これを、猫がフンをしていくプランターにいっぱい挿しています。

たったコレだけです(^O^)

プランター猫のフン

最初は、ホームセンターで売られている猫よけの「トゲトゲのマット」を考えていましたが、「要は猫が嫌がることをやればいいんじゃねーの?」ということで、試しにやってみました。

 

結果は上々!

上の画像でいうと右下のあたりにいつも猫がフンをして、土が掘り起こされていました。

しかし、この割りばしの対策以降は被害がなくなり、2週間ほどですが今のところは効果があります。

 

もちろん、たまたまかもしれませんが最近はフンを取り除く作業はしていないので、それだけでもありがたいです。

そしてこのまま猫のフン被害が解決すればいいな~と思っています。

 

猫の糞尿グッズはいろいろあるけど…

猫フン被害の対策グッズは、ホームセンターやドラッグストアでいろいろ販売されています。

実は、割りばし作戦の前に3種類くらい試していました。(主に散布するタイプ)

しかし…

プランターの周りや家の外周にたっぷりまいていましたが、実際にはどれもあまり効果が感じられませんでした。

相変わらずどこの猫か分かりませんが、しっかりフンを置いて行ってくれます。

 

私の使い方が良くなかったのかもしれません。もっと大量に散布しないとダメなの…?

そんなことで、もっとお金をかければ大がかりなグッズも販売されていましたが、正直そこまでやる気にもなれません。

半分あきらめモードでほぼ毎朝スコップで猫のフンを取り除くのが日課になっていました。

 

そんな中、思い付きでやってみた「割りばし作戦」は、なかなかのアイデアでした。

 

割りばしでプランターの猫フン対策@メリット

手間がかからない

割りばしを挿して、猫のジャマするだけなのでとっても簡単にできます。

100円ショップ等でも簡単に入手できますし、コンビニやスーパーで弁当買ったらもらえたりするのでコスパも抜群です。もちろん使用済みでOK。

猫にやられたかどうかわかりやすい

うちのプランターにやってくる猫は、フンをした後に土をかぶせたりしてパッと見で気が付かないこともありました。

割りばしをたくさん挿すことによって、土が掘り返されたらすぐにわかるようになりました。

今のところはまだ被害がありませんが、いちいち念入りにチェックしなくても済むようになりました。

 

割りばしでプランターの猫フン対策@デメリット

見ためがイマイチ

というか、見ためは悪いです。割りばしじゃなくて別の何かでやれば外観もよくなるかもしれませんが…

ただ、私にはそこまでのこだわりはありませんので、猫が来なくなっただけで大成功です。

 

まとめ

今回は、超簡単に猫のフン対策に成功した私の体験談を紹介しました。

前提としては、いつも決まった場所(家庭菜園のプランター内)のフン被害の対策なので、場所が決まっていない場合や広範囲の場合は難しいかもしれません。

それに、確実に効果があるとは限りません。もしかしたら、たまたまかもしれません。

しかし、コストもほとんどかからずに試してみることができるので、お困りの方はダメもとで一度試してみてはいかがでしょうか?

 

今回は以上になります。

 

Copyright© オニブロ.net , 2021 All Rights Reserved.